『師走』の運転は危険がいっぱい!1年で最も交通事故件数が多いのは12月!

早いもので今年も残すところあとわずか!年末に向けて慌ただしい日々が続く人も多いのではないだろうか。

警察庁の統計によれば12月は例年、交通事故数が年間で最も多い月だそう。

ナゼ12月に事故が多いのか?

(1)年末にかけて交通量が増える
師走という言葉通り、人が動くことがとにかく多い時期。交通量もやはり12月が年間を通して一番多い。
それにともない、当然事故が発生する可能性も高くなるわけだ。
また、この時期の「忙しい」という感覚は、心に余裕もなくなり、交通事故を起こす要因にもなりえる。

 

(2)早くなった日没の時間帯と、交通量の多い時間帯が重なる
特に12月は日没前後1時間の時間帯『薄暮(はくぼ)』に起きた死亡事故が多い。
警察庁の分析では、17~19時台のうち、日没時刻が18時以前になる条件下で、
薄暮時間帯に死亡事故が多く発生している。
特に10~12月の同時間は、他の月に比べて死亡事故が多く発生しており、
薄暮時間帯は年末にかけての増え方が大きい。

 

資料出典元:交通事故発生状況(警察庁)

 

(3)凍結や降雪など、慣れない道を走る運転が増える
特に都内では、道路が凍結するということは稀のように思うが、橋の上は要注意。
河川の上にある橋は、冷たい風が吹き抜けやすく地熱で保温することもできないので、凍りやすいのである。
また、そろそろ雪が降り始める12月。うっすら積もる雪で油断し、事故を起こしてしまうケースも少なくない。

運転する時は・・・?

(1)心のゆとりをもって、いつも以上に慎重に!
車間距離を十分にあけ、スピードメーターをこまめに確認して法定速度を維持しよう。
忙しいからと走行中に携帯電話を使うのもご法度!カーナビやエアコンの操作なども
車を安全な場所に止めてから行おう。
漫然運転を防ぐために、定期的に車内を換気し休息をとりながら運転するのもおすすめ。

 

(2)薄暮から夜間の運転は速度を落とし、ハイビーム・ロービームの切替をこまめに!
速度は早目に落とすことを心がけ、ヘッドライトは暗い道で対向車や先行車がいない場合はハイビームを活用。
交通量の多い市街地などや対向車や先行車がいる場合はロービームで走行を。
都内の街中では夜間でも明るく、ハイビームは対向車の走行の邪魔になる場合があるので、
交通環境が異なる都会と郊外、地方などで使い分けに注意しよう。

 

(3)備えは万全に!
ちょっとだから大丈夫と油断してしまうことが非常に危険。
多少であっても雪が降ったらノーマルタイヤの車は走らせないこと!
スタッドレスタイヤやチェーンは早めに準備して急な降雪に備えたり、
夜間や早朝は路面が凍結しているのではないかと用心する心構えで運転を。

 

12月というのは運転に対して悪条件のそろう月であるようだ。
大事な家族とのイベントを無事に過ごし新年を気持ちよく迎えるためにも、
12月は危険がたくさんあることを認識し、安全運転を心がけよう。

 

*************************

クールベールがさらにバージョンアップ!

国内最強のフロントガラス

「クールベールプレミアム」登場!

熱さと紫外線を強力にシャットアウトする
ハイスペックフロントガラスです!!
安心のMade In Japan
快適なドライブをお約束します!

『フロントガラス交換』
WEBからのお見積り依頼はこちら
https://coolverre.com/estimate/

お問い合わせは【自動車ガラスのグラスピット】まで
http://www.glasspit.com
お電話は、0120-8080-56

*************************